借りた古い車を2人の整備士に見てもらった

※単なる日記なので内容は薄いですよ。
今度はたぶんテールライトカバーのDIY補修の記事書きます。

「H13.9式 プジョー206 XTプレミアム(型式:GF-T16L4)」
を知人から少しの間借りられることになりました。
せっかく借りといてなんですが、
この車がどういう特徴があるとかはあんまり調べてもいないし
よくわかってません(゜∀。)

  • 外車だ!!プジョーだ!!Bonjour!
  • ミッション:4AT
  • 排気量:1.587cc
  • 3ドアタイプもあるらしい(クーペだろうか?)
  • 綺麗なブルーのボディ(どうやら限定カラーらしいですよ?)
  • 右ハンドルだけど、ウィンカーとライトのレバーの位置が逆だ!!

知ってるのはこんな程度です。

さあ、ホントにこの車について語れることが少なすぎるので、
今回の本題へ……

 

 

自動車整備屋Aへ行こう

車を借りたので早速ドライブだぜ!といきたいところですが、
15年前のモデルな上に実は長期間放置していた車両です。
エンジンは無事かかりましたが、やっぱり不良部分はありました。
簡単なチェックをしてくれる自動車整備屋さんに伺っただけでも、
以下の3つの問題が出てきました。

  • 右ブレーキライトが接触不良
  • エンジンオイル漏れてるよ
  • 冷却水漏れてるよ

しょうがないですわな(´・ω・`)

エンジンオイルは交換して様子見。
冷却水は全然減ってないからこのまま様子見。
ブレーキライトはとりあえず点くようにして様子見。
そんな緩い感じ。
近々車検みたいなので、そのときに本格的にやる感じになるんだろうなと思ったり。。。

 

 

その翌日は自動車整備屋B

翌朝、ライトのチェックをしてみたら
右リアブレーキは大丈夫だったのですが、
右リアウィンカーが点かないことに気づきました。
右のリアブレーキ以外のライトは全部チェックはOKだったのに……
早速整備屋さんへ。
諸事情で車を遠くに運んでしまっていたので、昨日とは違う自動車整備屋さんにお邪魔しました。
気さくな方がウィンカー以外にもサービスでざっと見てくれたのですが、なんか昨日の人と見解が色々違う(´・ω・`)

ライト類について

整備屋A「ブレーキライトは電球との接続金具の劣化が激しくて、これでダメならテールライト全体の交換が必要。他のライト類は大丈夫。」
整備屋B「ブレーキライトの接続金具はサビさえ削ってやりゃ大丈夫。ウィンカーは接続金具が緩んでるだけだな。あとそれから、ナンバー灯が一つ切れてるぞ。」

エンジンオイル・冷却水の漏れについて

整備屋A「ここ見てみてください。これエンジンオイルが漏れてるんですよ。こっちは冷却水の漏れですね。」
整備屋B「確かに漏れてるな。でも、ここを触ったらベットリってことは、パワステのほうがもっと怪しいな。ほれ。やっぱりもうフルードがホントに空だ。冷却水は今見る限り漏れてないな。」

整備屋Bの方のほうが優秀なようなのでしょうけど、なんだか釈然としない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です